スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はポメラニアンズのザッキーに参加してもらいました

今日は、ポメラニアンズのザッキーに鍵盤を1曲レコーディングしてもらいました。
何かと青空ドライブは、始まって以来お世話に成ってるし、兄貴的なザッキーにこんな形で参加してもらえるのは、嬉しい限り(笑)
出来上がり次第一緒にゆっくり飲みたいわぁ~。

やっとレッチリの新作買いました♪
俺的には、昔の超マッチョなレッチリサウンドより、カリフォルニケイション以降のちょっと肩の力が抜けてからのサウンドと楽曲、哀愁メロなここ最近のレッチリの方が断然好きなので、期待してた通り、最高やった(笑)
そしてプライマルの新作も買ったんやけど、これまた久しぶりにルーツロック路線に戻った感じのプライマルで良かったなぁ。

レコーディング真っ只中ながら、新曲を書きたい意欲がふつふつと湧き上がってきておりまする!
スポンサーサイト

寝て食べて寝る

メキシコ対アルゼンチン戦が終わって代々木のフリマにでも遊びに行こうかなと思っていたらさすがに、寝てました(笑)
レコーディングまでの疲れがドッと出たのか、夕方までぐっすり寝ていた。

むくっと起き上がり、ふらっと下北で買い物。
ポロシャツやらTシャツを買った後、カタカナで“ハッスル”って書かれた何やら気に成るタイトル&ジャケな古い洋画のビデオを購入。

h.jpg


やたらハッスル(英語なのか?)してる感じが出てるっしょ!?

そしてお腹が減った所で、洋食屋マックへ(マクドナルドでは無く)
下北は、やたらとハンバーグ屋さんが多いし、どの店もこだわりが随分あるみたいで面白い(笑)

そんな中でも、一番味も美味しく、恐らくスティーブ・マックィーン好きな店主がカッコイイ、洋食屋マックには、かなりはまってます。

mac1.jpg


壁には、大脱走中のバイクに跨ったスティーブ・マックィーンの巨大なポスター。
そして発見。本人の足型とサイン(の写真)が壁に飾っております(笑)

VFSA0100.jpg



もりもり食べた後、三茶のBarに行ったら、5分で再び無念の眠気に襲われ、あっけ無く家に帰り、再び爆睡..。

ヤバイ!

日本が負けたブラジル戦。
結局見る事無く結果を多くの人から聞き、スポーツ新聞を駅の売店で購入し、悲しいと言うより虚しい結果に終わったんだなって言う結果を受け入れてます。
俺は、公言している通り大のヒデファン。
あらゆる意味で日本サッカーを変えていったヒデが有終の美を飾ろうとして挑んだドイツW杯が結果として、ヒデの描く内容に成らなかったのは、残念で成らない。
根性サッカーしか通用しなかった、フランス大会までの日本サッカー界から、技術や身体能力も追いついたか?と思わされていた日本代表。
その間クールに振舞い続けていたヒデが、結局最後は、ハートの部分の重要性を今大会見せ付けてくれたのは、何よりも功績のように、俺個人的には、感動しています。
結局戦える人間が、経験もあるだろうけど、川口とヒデしかいなかったんだなって思う。まぁ結局日本はまだまだ発展途上だからしょうがなかったのかもね。

家に帰り、クールダウンしようにも、頭がギンギンっす(笑)
ビールを飲みながらアルゼンチン対メキシコを見ながら日本代表に感じたのが、上の感想。
まぁブラジルは魅惑的な教科書通り最高のサッカーを見せる事の出来るチームで別格だけど、だってヤバイよ。
アルゼンチンもメキシコも。

レベル、技術、スピード、勝利に対する執着心が違いすぎる。
終わって、いい経験に成ったとか、開き直っている誰々さんが中心選手でいるような代表じゃダメだ。戦犯だよ戦犯!!
あんた達個人的な満足感満たす為の大会じゃ、もうないんだよ。
元もとのサッカーファン以外の多くの日本人を巻き込んでマジに日本中が応援し一喜一憂してるんだからね。責任持ってもらわんと(笑)
再び、柱谷、北澤、ゴン、松田、戸田。
ドゥンガ的な闘将が現れてくれる事を願う!!

怒涛の3日間

6月22日のライブの翌日23、24日と缶詰状態でレコーディングに遂に入りました。

ブラジル戦は、この際そっちのけ。
結局別腹でも何でもなく音楽を選ぶ。当然やねんけどね。
俺にとっての、青空ドライブにとってのW杯初出場って感じか(笑)

青空ドライブが結成されてから長かったのか短かったのか、丁度3年が経った。俺たちは、そもそもバックグラウンドも違う、あかの他人状態から始まっているので、この位かかったのは、当然と言えば当然。
メンバーが変わる事無く、今までやってきて1stを作り上げるには色んな意味で、良い瞬間だと思う。
今までやってきて積み上げてきた部分と俺たちの鬱積していた(笑)パワーが一気に噴出してる。それも良い方向に。

そして、それを最高の形で用意し持っていってくれているのは、“NONA REEVES 西寺郷太さん”。
プロデュースを引き受けてもらって以来、2月から様々なアドバイスをしてもらっている。俺自身出会う前から、すげーなって思っていた人にこんな形で超身近に関わって貰えている日々が最高の気持ち。
マジックの連発です!

勿論、まだレコーディングはまだ2日しか経っていないが、録音のベーシックの部分はほぼ録り終えた。
恐ろしいスピード(笑)とりあえず2日で11曲だぜ!?
語弊はあるかも知れないが、コステロにプロデュースしてもらったスペシャルズ、ニックロウにプロデュースしてもらったダムド並の速さと、アグレッシブさ(笑)
そして現場監督としての助言は、正にジョージマーティン。
仕切りは、フィルスペクターって感じ(途中でピストルをぶっ飛ばされない事だけを祈る)
そもそも殆ど2テイク3テイク以内の1発録りで終わらせているのだ(笑)
とにかくテンションの高いアルバムに成りそうだ。
乞うご期待!!

ライブ!!

今日は、新高円寺クラブライナーにてライブです!

久々のライブですが、あっと言う間に毎日が更新されていってて久しぶりな感じが、実はそんなにしていません。

まさに“Life goes on”な日々です。

何のこっちゃ?といった感じですが、これは、萩が持ってきた中々達観した世界観な名曲のタイトルです。

“人生について考えよう~”、“ここから仕切り直して~”とリフレインされるこの曲は、青空ドライブの新しいタイプのメッセージソングです(笑)

マーウ゛ィンゲイの“What’going on”へのオマージュです(真剣です)
但し、ライブでやるかは未定です。
メールチェックです。
まぁそんなわけで、他の新曲も出来たので是非是非遊びに来てください!
アデュ~

同窓会

携帯に、登録していない番号が鳴った。
誰やろ?と思って出ると小学校の連れだった。
あまりにも珍しい奴からの電話だったので感激とか驚きとか懐かしさでは無く、ネズミコウまがい(古いな..)の話かなと勘繰ってしまった(以前にもこういうのあったからさ。ゴメンやでー (笑))

そしたら、内容は「同窓会やってくれやぁ」「人集めてくれやぁ」、オマケに「幹事やってくれやぁ」ときた..。
急にどうしたんやろ(笑)

嬉しい反面、「東京に今いるから、そう簡単に、話まとまらんでぇ。とりあえず電話番号だけ集めといてや」と電話を切った。

「みんなどうしてんやろなぁ~」と思いつつ、目前に迫ったライブ、レコーディングへと頭は切り変わるのでありました。

無法の世界

今日は、朝からたっぷりスタジオにてリハ。
ぐったりして家に帰って、久しぶりに、The WHOのシングルズを聞きながら飯を食べていた。
こうやってThe WHOを聞きながら飯を食べていると、高校時代を思い出す(笑)

最近じゃあんまりThe WHOを聞いてなかっただけに、懐かしいなぁ、ポップやなぁなんて思いながら60年代のシングルを聞いていたんだけど、10曲目の『無法の世界』って曲のガツーンってギター、一発のイントロがスピーカーから聞こえた瞬間、涙がオロオロと流れてきて、力が抜けてヘラヘラと笑けてきた。

そもそも、この曲そんな好きじゃなかったはずなんだけど(笑)音楽のパワーを改めて思いしらされた。

最後は大和魂で!!

負けなかったって事だけが、救い。
ブラジルに勝つのはかなり難しいけど、まだ日本のチームが100%機能しているとは言えないだけに、ブラジル戦で、見事勝利を手にして欲しい!

クロアチア戦は

代々木上原にて観戦しようと思っています。
何故なら、友人がかなり極秘な情報を握っている為です(笑)
いやそんな事はどうでもいいんです。
勝ってくれなきゃ、(当然ながら)盛り上がりません。
これ、重要。

かなり脳内麻薬が分泌されている日々

今月末から、青空ドライブはレコーディングに入ります。
最近ライブが減っていたのも、曲作りやレコーディングの準備、打ち合わせ等でスケジュールの問題があったからです。
でも、この期間があったおかげで、色んなタイプの強力な曲が出来たし、かなり充実した数ヶ月間だった。
バンド力も数段アップしたかなといった感じ♪
その成果も、先月のライブに来てくれたお客さんには、感じてもらえたかなと、思ってます(笑)

後は、数日間を残すのみ。
毎日何らかの準備や最後の追い込みで大変やけれども、限界は無いぜって感じ!
そして息抜きに、W杯でも見たりするんだけど、それで更に興奮したりしてしまう毎日で、かなりランナーズハイ状態です。
でもそんな状態が、幸せだから最高です。
出来上がりも良いのが出来るの間違いなしです!
良いものに絶対します!
期待しててやぁ~。

その前に、22日新高円寺クラブライナーにてライブもあるので是非遊びに来てくださいよっ!

電車の釣り広告

のW杯モードなキャプテン翼を見上げ、漫画では、何処まで勝ち上がって行ってくれるんだろう?
と皮肉めいた事が頭によぎってしまう。
敗戦の傷、未だ癒えず。


キャプテン翼

日課の1つ

去年は、やたらとアミノサプリを常に飲みモノ変わりに飲んでいて端から見れば何だアイツは?状態だったんだけど、ここ最近は、水ばっかり飲んでます。

なにより生命の、地球の7~80%は水なのだといった原点に帰ろう!という理由プラス友人に、BRITAっていう浄水器を奨められたのがきっかけ。

ブリタは、水道水に含まれる、不純物をろ過して、非常にまろやかで美味しく、きれいな水に成るというのが謡文句の、なんとも便利な魔法のポット。

初めは、「まじでぇ~?」とかなり半信半疑だったんだけど、使ってみるとこれが無くては、落ち着かない程ブリタに頼りっきりだ。
(使ってみると分かるんだけど、ポットが小さい為、頻繁に水を足しに行くのは、滑稽だが、美味しいから、しょうがないのだ)
そもそもブリタはドイツ産まれ。
ヨーロッパの水は、鉱物が沢山含まれてるから生水は飲まないからこんなモノがどこの家にもあるらしいんだけど、納得です。

それ以来、やたらと飲食店で出てくるコップの水に敏感に反応してしまっている自分には、「ちょっと自分ハマり過ぎやでー」とか思いつつ、俺の日課の1つに“水を必ず2リットル飲む!”という簡単な日課が付け加えられた!!

この日課は、世界一の美女と言われた(続けている?(笑))カトリーヌ・ドヌーブさんの美貌と若さの秘訣は、水を2リットル飲むのが日課という所から頂いたんだけど、コーヒーやコーラ、ビールも結構飲んでたりしてるから、効果は、トントンって感じだろうなぁ

はぁ~

日本代表初戦意気込んで、おっきなスクーリーンのあるNORTH SIDE CAFEって所で友人達と観戦。店内は満員で、ちゃっかり予約までしていたので、俺達はテーブル!
しかし、結果は既にみんなが知っての通りの惨敗。
各地のサッカー好きの友人達から電話やメールが届く度に、正直4年越しの恋が、終わりつつあるような心境だ..。
起死回生のクロアチア、ブラジル戦勝利で!!


試合前の余裕の勝利を確信している俺

w.jpg

萩Day

今日は、昼からスタジオで萩の曲をアレンジ。
スタジオでは、いまいちまとまらず、その後、俺は歯医者へ向う。
篠家でベースを入れた後、最終的に俺の家にデータを持ってきた萩は、諦めの表情で、印象的だった(笑)

その後、しばらくコードやらコーラス、リズムをいじくっているうちにおっ?これは、なんとかなるか?という感じに発展。
ちょっとした変化でさえも、盛り上がる俺と萩(笑)
そして原型を何とか留めたまま、とりあえず解散。
曲が二転三転している為、ぬか喜びは出来ない。
まぁ良くある事なんだけれど、作っている時点では、興奮しているので何とも言えないのがリアルな話。


だけど、メンバーとはいえ、人の曲をベーシックな所から手伝ったりは、あまりしてきていないので中々有意義だった。
一晩寝てみよう。

W杯開幕!!

4年に一度のサッカー世界の祭典W杯が開幕した!

音楽とは、全く別腹なんだけど、サッカーは見るのもプレイするのも大好きな俺にとって、精神的にかなりの興奮状態に6月は成ると思う。
それ故に、俺自身のスケジュール、コンディション管理が、かなり重要に成ってくるのだ!!
かといって日本代表。実力が全く未知数だから応援しているとはいえ、初戦次第で俺のW杯熱はヒートするかトーンダウンするかのどちらかだ(笑)

個人的には超攻撃サッカーが好きなので、アルゼンチン、オランダ、イングランドが毎度の事ながら大好き(この数年間ブラジルは、ちょっと異常に強すぎて議論の対象に成らない..)

注目しているのは、メッシと時代錯誤な10番のリケルメとアイマールの共存。
ラストW杯に成るだろうイタリアのデルピエロ(デルピエロオンリーのデルピエロゾーンってDVDを最近買ってしまった(笑))
今回のイングランドの豪華布陣(ある意味ブラジル並み)
ランパード、ジェラード、ベッカム、オーウェン、ルーニーにも期待やわー。
そして日本代表は勿論ヒデ!!!この人しかいないでしょうー!
わ~いわ~い

ネーミング

昨晩(朝)眠ろうとしても眠れなくて、『大人は判ってくれない』の続編『家庭』を観てた。

トリフォーの映画は、凄く好きで何回見ても良いなぁ。
『家庭』ってのは、アントワーヌ(『大人は判ってくれない』からずーっと同じ人物ジャンピエールレオーが主人公)が完全に大人の仲間入りする所の作品で、笑いの部分や主人公以外の人物(日本人女性まで出てくるのよ(笑))のセリフや人間模様が、それまでの若いアントワーヌ作品より大きくて、妙にリアルで面白い(笑)カラーで映像もキレイでよりいっそう映画自体がイキイキしてる。

映画中に子供の名前をアントワーヌは『アルフォンス』、妻のクリスティーヌは『ギラン』にしたいって、お互い言い合うシーンがあるのよ。
昨日ちょうど、高校から、ずっと一緒にバンドやサッカーをやってた親友から、赤ちゃん誕生の電話があって(オメデトウ!)、名前を『レノン(連音)』やら『オーウェン』にしたい(ヤンキーちゃうねんから!)って嫁に言ったら反対されたとか言ってたのを思い出して、ついつい笑ってしまった(笑)

親は、勝手なもんやなぁと思いつつ、他人の俺も勝手なもんで、じゃあ『ジダン(示談)』は?『一(はじめ)』は?とか、色々提案したが、これらは(あんまり動機変わらんやんと思いつつ)“何故”か即却下された。

こないだ、青空ドライブのバンド名でもそんな話に成った。英語表記や『青そら』なのか『青ぞら』なのか、『ドライブ』なのか、『ドライウ゛』なのか、でも『青空ドライブ』なんだ。
他にも、イクラ≠井倉、亮≠りょう≠リョー、萩≠荻、と各自いつの間にか定着しているし、『あこがれ』≠『憧れ』『あじさい雲』≠『紫陽花雲』等、ちょっとした違いも、当人達には重要で!?(これまた滑稽だけど(笑))、意味のあるのか無いのやら、ごくごく個人的な主観や好みでネーミングは、決まって(めて)しまうもんだなぁと我ながら思うのだった。

あじさい

家の近所にも気がつけば沢山あじさいが咲いていた。
東京に来たての頃に行ったお寺を思い出し、凄く早く目が覚めたのもあって、高幡不動まで、あじさいを見にふらっと行ってきた。
電車で下北から40分
23区から電車なり車で郊外に出て行くと、東京でも凄く自然が残っていたりするのには、いつも驚かされる。
そして予想してた通り、沢山のあじさいが咲いていた。
紫陽花っていっても色んな種類のがあるのも好いし、やっぱ梅雨の季節の花だけに葉や花に水の雫が乗っかってたりするのを見ると、気分も身体もちょっと澄んだ気に成るのがいいなぁ。

オーパーツ!!

今日TVを見ていたら古代文明の謎(タイトルは忘れた)みたいな番組をやっていた。世界中にまだ解明されていないモノを“オーパーツ”って言うらしく、番組中連呼されていたから、ついつい頭から離れなく成ってしまった。

一つ目の“オーパーツ”は、与那国島の近海に沈むナゾの建造物について。
まだ全く調査されていないらしく、中途半端な所で終わり、かなりマユツバもの(笑)
徳川埋蔵金とか樹海とか、この手の番組は、決まって中途半端な所で終わってしまう。
TV側の“都合”で、真相は掴む事が出来ず“うやむや”にしていると思われがちな展開だけれど、それがそうでも無いらしいのだ。
って言うのも、以前沖縄出身の友達から話を聞いたんだけれど、TVの取材が始まるまで、静かだった海が、調査が始まった途端に決まって、雨雲が現れ海が荒れだし取材調査が続行できなく成ってしまうからだと言うのだ。
それは、摩訶不思議で神がかりで信じがたい出来事だけれど事実毎度の事らしい。
まぁ俺の連れが、勢いで言ってただけかも知れないけどね(ちなみに、マユツバものと言いつつ個人的には信じたい性分 笑)
これが事実だと今までの歴史が全く塗り替えられる程の代物みたい。

2つ目のオーパーツは、水晶ドクロって言う、マヤ文明の遺跡から発掘された、水晶で出来た精巧なしゃれこうべ。
これもまた、大昔の人間がどうやってここまで精巧に水晶を加工したのか?って謎を持っていたり、13個揃えば宇宙の真理が解明されたりするという代物。
マヤ文明では骸骨は決して死神でも恐れられている存在でもなく、“死から全てが始まり、ドクロは再生を意味する”って真理があるくらい尊いモノとして崇められているのだ。
俺はちょうど今日、巨大な貯金箱のドクロを買った所だったので、そーかぁーとか興味深々なタイムリーな話題だった。

それがこの貯金箱ドクロ。

g1.jpg



g2.jpg


他にも、水晶に光を当てると目の部分に光りが集まり、目からビームが飛び出すような仕組みに成っているレインボードクロなどもあって、かなりの手の込んだオーパーツを見ることが出来た。
それから、俺は部屋の中に、こらまたレインボードクロに良く似たドクロアイテムが、あるのを思い出した。それがこれ(左は黄金バット風なライター。結構高かったし気に入ってたけれど、火が点かなくなってしまっている残念なライター)

g3.jpg


こうしてみるとドクロマニアなつもりは、まるで無かったのにTシャツ(まぁこれは、トイストーリーのシドだけどね)、から蛍光灯を消す紐にぶら下げているのもメキシコのドクロで、青いドクロのベースキャップ等、ドクロ好きだったことを今日初めて気付く。

それから、楊貴妃は実は二重あごだったとか、聖徳太子のオーパーツやらとだんだん尻つぼみな感じで、番組は終了した。

プロフィール

イクラ シンジ

Author:イクラ シンジ
LOVE 9 Floor イクラ(井倉真治)
大阪府和泉市出身 1977年7月25日生まれ A型 
趣味:サッカー観戦、映画鑑賞、飲酒、旅行
幼い頃からピアノを教わっていたが、中高生に成るに連れギターバンドに夢中に成る。

主にRock、Soul、AOR、Mod’s、シンガーソングライター等を好み、ブラックミュージックがベースにあるロックやブルーアイドソウルと呼ばれるサウンドやメロディーを特に好む。 新旧洋邦、ジャンルに捕われず日本語での親しみやすいメロディーの楽曲制作を得意とし、弾き語り、サポートメンバーを加えたバンド編成でのライブ等、活動は多岐に渡る。

HP→http://www.love9floor.com/
略歴:
2001年4月大阪より上京。
2003年5月イクラ(Vo&Gt)、シノハラ(Ba)、ハギ(Dr)の3人による『青空ドライブ』を結成。 自主企画イベント“Good Vibrations”を下北沢club QUEにて多数開催。 大阪MINAMI WHEELに3度出演他、ラブ活動、幾多のバンドと共演を重ねる。
2008年11月19日NONA REEVES西寺郷太氏プロデュースのもとフルアルバム「ハロー」をリリース。
TV番組ゴッドタンのエンディングにハロー収録“あじさい雲”がタイアップに使用される。
リリースツアー、ラジオに出演。
2008年MUSICA12月号にて青空ドライブ“ハロー”が紹介される等。
2009年8月シノハラが脱退。
2011年4月2人で活動していたイクラ、ハギーが新たな音楽性の追求と変化を求め、バンド名を『LOVE 9 Floor』(ラブ・ナイン・フロア)と改名。
2012年3月21日 フルアルバム「Glitters Room」をリリース。 自主企画イベント“Glitters Room"、イクラシンジ弾き語り、ワンマンイベント等を開催、ラジオ、Liveに出演。
MUSIC MAGAZINE2012年3月号にて“Glitters Room”レビュー掲載。
杉並ケーブルTV“ジモトピ杉並”にてスライドショーがエンディングテーマに使用される等。
2012年12月16日の渋谷7th FLOORワンマンライブを最後に約10年間活動を共にたハギーが脱退
2013年1月よりLOVE 9 Floorをイクラシンジのソロプロジェクトとして活動を始める。

THE BEATLES、THE ROLLING STONES、THE WHO、BOB DYLAN、THE CLASH、T.REX、PAUL WELLER、GEORGIE FAME、JORGE BEN、IGGY POP、JIMMY CLIFF、MARVIN GAYE、THE ISLEY BROTHRS、SMALL FACES、THE LA'S、THE SMITHS、SUPERGRASS、ELVIS COSTELLO、NICK LOWE、DARYL HALL&JOHN OATES、PHOENIX、BILL WITHERS、SLY&THE FAMILY STONE、ROY ORBISON、SERGE GAINSBORG、MARCOS VALLE、DAVID BOWIE、LEON WARE、井上陽水、大瀧詠一、佐野元春、奥田民生、水木しげる、小津安二郎、JIM JARMUSCH、WIM WENDERS、LEOS CARAX、お酒、映画、旅などが大好きです。

どうぞよろしく!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。